害獣や害虫を食品にしましょう

害獣や害虫と呼ばれるものの中には、立派な食品となるものがあります。それらは単に駆除するだけでなく食品として有効活用できます。

食料自給率が低い我が国では害獣や害虫を食品として認め、そのための施策を取っていくべきです。


害獣は主に畑を食い荒らすイノシシや猿や鹿、また人間に害を及ぼすことのあるクマなどがあります。これらは全て食品になります。


特に鹿の角やクマの手のひらは漢方薬として重宝されます。
そして、鹿肉は最高級の牛肉に負けないくらい柔らかくてジューシーな美味しい肉です。我が国ではあまり流通していませんが、害獣として扱うのはもったいないくらいです。

また、イノシシは縄文時代から我が国でも食されてきた食品です。


ぼたん鍋等が人気あります。

害虫は、ハチやシロアリなどがあります。ハチは人間が刺されると死に至ることもある恐ろしい生き物ですが、我々は普段ハチミツ、ローヤルゼリー等でハチからの恩恵を受けています。
また、蜂の子は一部の地域で高級食材として扱われています。
さらにお茶の栽培の際にお茶の葉の病気の部分をスズメバチが食べてくれます。

ですから、スズメバチはお茶の産地では益虫なのです。

他にも昆虫が害虫の扱いを受けている事が多いのですが、昆虫はフライにするなどして熱を加えて調理しますとエビによく似た味で美味しいのです。
あのゴキブリでさえも美味しいと言います。

よく、初めてナマコを食べた人は勇気のある人だと言われます。ナマコは見た目が醜悪なため、直感としてこれは食べ物ではないと認識してしまうためです。
しかし、コノワタ等は超高級食品です。
大好物の一つがナマコであるという人も少なくないでしょう。それと同じで害虫は排除するものではなく食べて美味しいものかもしれません。


そんな中で、ゴキブリを食べてみたいと言い出しました。

ゴキブリを食べることなど考えもしなかった人が多いと思いますが、加熱調理し食べてみるとエビの味がして美味しいらしいのです。


既成概念にとらわれない食生活を送りましょう。

待望の神楽坂の鉄板焼きに興味ある方、必見です。

新宿のケータリングの情報探しはそれほど難しくありません。

小牧のうなぎの情報をご提供しています。

川崎鉄板焼きをさらに詳しく調べてみませんか。



http://news.mynavi.jp/news/2013/11/13/044/

http://www.asahi.com/articles/ASK3Y6451K3YOHGB011.html

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1449261.html

関連リンク

  • 害獣や害虫と呼ばれるものの中には、立派な食品となるものがあります。それらは単に駆除するだけでなく食品として有効活用できます。...

  • 食品と言うのは日々の生活を支える上でかかせないものであり、重要なものと言えます。人間にとって、食べる事は生きる事と言えるからです。...